MFクラウド  セミナー情報|士業事務所のみなさまへ|MFクラウド



2016年11月18日(金)に開催された特別講演『【小森 努(ガブリエル)氏】エストニアから税理士・会計士は消滅したのか?』大変なご好評をいただきました。 今回はその続編として、小森氏よりエストニアe-residencyについて詳細を解説いただきます!



《ご参考》前回講演(2016/11/18)内容
・エストニアでは「法律の簡素化」(法人税0%等)と「IT化」の組み合わせにより、税理士・会計士の職業は魅力的ではなくなってしまった
・エストニアでは有能人材が起業するようになり、起業率は欧州No.1になり、スタートアップへの投資が増加している(国民一人当たり換算で日本の約12倍)
・士業の先生方はエストニアe-residencyを活用することによって効果的に未来に備えることができる



本セミナーでは士業の皆さまが未来へ備えるために、小森氏より第1部で『エストニアe-residencyの概要・活用方法』をご説明し、 第2部で『エストニアe-residency申請』を実施します。
※2016/11/18のセミナーに参加できなかった方々にも理解できるような内容になっております。



【1部】エストニアe-residencyの概要・活用方法(13:30-14:30)


※1部のみのご参加も可能です。

世界最先端のエストニア電子政府は日本マイナンバーのはるか先を行くシステムです。IDカードがあればオンラインで法人登記、納税、電子カルテ、土地台帳閲覧、投票などが可能です。そのサービスが2014年12月より非居住者向けに提供されるようになりました。これがe-residency(イー・レジデンシー:電子居住制度)と呼ばれるものです。 エストニアを訪問することなく、エストニアでの法人設立、納税などが利用できるようになりました。

2016年12月15日現在、世界140ヵ国以上のエストニア非居住者約15000人が取得し、約1200件の新規法人登記がされています。試算によるとe-residency利用者からの税収が2030年頃までにはエストニアGDPの10%程度にもなります。


e-residencyを取得し利用することによって得られるメリット

・マイナンバー運用方法をエストニア電子政府制度でタイムマシーン学習し、顧問先へのアドバイスに役立てることができる
・エストニア電子政府の「法律の簡素化」x「IT化」を体感し、日本の将来の法改正に備えることができる
・エストニアでは政府もスタートアップである。電子政府制度に新しいイノベーションが次々と導入されており、イノベーションを考える良い機会となる


※e-residency申請にあたって事前にご準備頂くものがございます。以下の【登録する際に必要なもの】をご参照ください。
※e-residencyカードの受け取り:申請者自身が在日本エストニア大使館で受け取る必要があります。*代理不可。

エストニアで起きていることを遠隔で実体験することによって、日本及び海外市場での新しい機会を掴むヒントが多数得られるはずです。 本セミナーの続編として、4月に法人登記・口座開設セミナー(参加資格:e-residency取得者)、 6/5(月)・6/6(火)士業向けエストニア視察ツアー(参加資格:e-residency取得者)を実施予定とのことです。


【2部】e-residency申請(14:45-15:45) & 懇親会(15:45-17:00)


本セミナーが士業の皆さまの次のアクション、次のイノベーションを起こすきっかけになれば幸甚です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講師:eSqarQNow Founder & CEO 小森 努(ガブリエル)氏

小西公認会計士事務所 小西 氏 画像

小森 努 (ガブリエル)氏 プロフィール:
2000 年名古屋大学工学部原子核エネルギー学科卒業後、複数企業でテクノロジーを中心とした国際事業に従事。日系ITベンチャー企業でインドネシア 0→1事業立上後,2015 年よりエストニアへ移住し,独立。
ワンクリック会社設立 eSparQNow では起業支援・コンサルティング・エンジェル投資等を提供している。
e-residency 取得日本人第一号。
『エストニア e-resident を取ろう!』運営。
世界初e-residency ハッカソン特別賞受賞。
エストニアエンジェル投資組合メンバー(ESTBAN)。
2016 年エストニア共和国ターヴィ・ロイヴァス首相の日本ミッションメンバー。
2010 年大前研一ビジネスブレークスルー大学入学後ドロップアウト。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2017年1月14日(土)13時00分~17時00分
申込期限 2017年1月13日(金)
会場
100-0014 東京都 千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂10F
03-5510-1131
参加費 第1部 : 1,000円 第2部 : 9,000円(懇親会費込) ※当日受付でお支払ください。 
定員 30名様
対象 士業、士業事務所勤務者
主催 eSqarQNow 小森努(ガブリエル)
共催 株式会社マネーフォワード、株式会社レックスアドバイザーズ
協賛
内容 【当日の予定】
13:00-13:30 受付
13:30-14:30 第1部:e-residency活用セミナー + 質疑応答
14:30-14:45 休憩:第2部に参加されない方はここで解散となります
14:45-15:45 第2部:e-residency申請
15:45-17:00 懇親会

【セミナー費用】(当日受付にてお支払ください)
第1部 : 1,000円
第2部 : 9,000円(懇親会費込み)

【備考】
士業向けエストニア視察ツアー:現地6/5(月)、6/6(火)を予定しています。定員15名。
一般公募はせず、セミナーご参加者及びその関係者の方々にご案内をさせて頂きます。

【登録する際に必要なもの】
当日、第二部にてe-residencyを登録する際には、以下のものが必要です。

0.機材
・PCがベターです(スマホ、タブレットには最適化されていないため)

1 顔写真
・ファイル形式:jpg .jpeg .png .bmp .tiff
・データ容量:1.3MBまで
・サイズ:縦5cm x 横4cm or 縦750pix x 横600pix に顔が収まること
・登録中にアップロードします。
※サイズ・データ容量の確認に多少時間必要です。
※写メも可能ですが場合によって却下される場合がございます。証明写真を推奨いたします。

2 パスポートのデータ
・該当ページ:番号・写真ページの写し
・ファイル形式:.jpg .jpeg .png .bmp .tiff .pdf
・データ容量:1.3MBまで
・スマホの写メOK。

3 クレジットカード
・タイプ:Visaかマスターカード
・費用:100ユーロ(3年間有効)
※登録セミナーとは別途100ユーロカード払い
※自宅住所をアルファベットで登録する必要がある為、事前にPCでアルファベット入力して頂いておくと登録がスムーズに進みます。
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社マネーフォワードMFクラウド セミナー担当
mf-event@moneyforward.co.jp