MFクラウド  セミナー情報|士業事務所のみなさまへ|MFクラウド


新規顧問先の拡大に課題感をお持ちではないですか?

新規顧問先の拡大が難しい今、
事務所経営において1つの顧問先から第二、第三の顧問料開発は必須です。
そこで、本セミナーではITツールを活用した事務所内の効率化と、
事務所の経営改善についてご説明いたします。
 

第一部:1件の顧問先様からの収益を拡大できる ITクラウドの活用法 2018

【内容】
 ■ 2020年代に対応できる事務所経営スタイル変化のゆくえ
 ■ ITクラウドを活用した管理会計の標準化
 ■ 顧問先から第二、第三の顧問料を頂ける提案のポイント
 ■ 制度会計と管理会計の両立を実現する経営スタイル 製販分離の解説

講師:イプシロン株式会社 代表取締役社長 角田達也氏
角田様 画像沖縄から北海道と全国280事務所以上に製販分離のコンサルを実施し成長をサポート。
地域勝ち残りの展開を支援している。
事務所の競争力強化、現場改善、経営効率化、ブランド構築、生産性向上の実現を得意としている。
税理士団体やマスコミでの講演活動も多数。

 

 

 

第二部:顧問先へのクラウド会計導入ノウハウとクラウド型経営分析ツール「Manageee」の活用方法

【内容】
 余剰時間を活用した付加価値サービスとして、
 MFクラウド会計・弥生会計にも連携するクラウド型経営分析ツール「Manageee」の
 デモンストレーションと活用方法を解説いたします。

講師:株式会社ナレッジラボ 代表取締役 公認会計士/税理士 国見英嗣氏
学生時代からプログラミングに興味を持ちながら、
なぜか会計の道に進み、トーマツグループに入社。
システム監査やシステムコンサルティングを経験するなかで、
テクノロジー面での強みを身につけた公認会計士である。
現在は会計データを活用するクラウド会計分析アプリケーションManageeeの開発を行っている。

講師:株式会社ナレッジラボ 取締役 公認会計士 山邊泰匡氏
監査法人トーマツにて監査業務を経験した後、
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社において、
M&Aや企業再生業務に従事した後に株式会社ナレッジラボを設立。
中小企業ではそもそも会計数値などの業績の見える化が図れていないことに関し、
特に課題意識を持ち、それを解決するための手法として、
クラウド会計を中心としたクラウドシステム構築支援に注力している。

 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2018年6月4日(月)14時00分~16時00分
申込期限 2018年5月30日(水)まで
会場
〒450-0002 愛知県 名古屋市中村区名駅2-41-10 アストラーレ名駅3F
参加費
定員 20名様
対象 会計事務所・講師:株式会社ナレッジラボ 代表取締役 公認会計士/税理士 国見英嗣氏社会保険労務士事務所の方
主催 株式会社マネーフォワード
共催 イプシロン株式会社、株式会社ナレッジラボ
後援
協賛
内容
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社マネーフォワードMFクラウドシリーズ セミナー担当
mf-event@moneyforward.co.jp