MFクラウド  セミナー情報|士業事務所のみなさまへ|MFクラウド

クラウドサービスをうまく活用できていますか?

ここ数年、クラウドサービスの進歩で世の中が大きく変わろうとしています。
会計事務所業界においても例外ではなく、
クラウド会計をはじめ、さまざまなクラウドサービスで中小企業の経理などのバックオフィスが効率化されていて、
今後もその流れは加速していくといわれています。
クラウドサービスやAIに会計事務所の仕事が奪われるともいわれていますが、
実はこのクラウドをうまく活用することで、
会計事務所のサービス、特に通常の顧問業務をより価値のあるものに変えていくことができます

本セミナーでは、自らクラウドを活用した会計サービスを提供しながら、
全国の会計事務所のクラウド活用をサポートしている株式会社ナレッジラボが、
会計事務所業務の効率化だけでなく、顧問業務の付加価値を上げるために使えるクラウド活用ノウハウを公開します


【1部】会計事務所がクラウド会計を10倍便利に使う方法
・ 税理士がクラウド化を進めるべき3つの理由
・クラウド提案時にお客様からよくある質問と回答事例
・顧問先にクラウド会計を受け入れてもらうための勘所
・クラウド会計導入前にお客様へ確認しておくべき3つのポイント
・顧問先を不安にさせない!クラウド導入時のアカウント作成から預金口座登録までのスムーズな流れ
・クラウド会計を使って事務所作業を効率化するための5つのポイント 
・クラウド会計で顧問先との資料のやり取りをラクにする方法

【2部】クラウドで月次報告の付加価値をアップする方法
・クラウドツールを使えば、月次報告の付加価値アップが可能に
・毎月1時間かかっていた月次報告資料を5分で作成
・経営者が欲しくなる経営判断に使える会計データを簡単に提供する方法

 

講師:株式会社ナレッジラボ 代表取締役 公認会計士/税理士 国見 英嗣 氏

学生時代からプログラミングに興味をもっていながら、なぜか会計の道に進み、
トーマツグループに入社。システム監査やシステムコンサルティングを経験するなかで、
テクノロジー面での強みを身につけた公認会計士である。
現在は会計データを活用するクラウド会計分析アプリケーションManageeeの開発を行っている。

 

 

 

 

講師:株式会社ナレッジラボ 取締役 公認会計士 山邊 泰匡 氏 

監査法人トーマツにて監査業務を経験した後、
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社において、
M&Aや企業再生業務に従事した後に株式会社ナレッジラボを設立。
中小企業ではそもそも会計数値などの業績の見える化が図れていないことに特に課題意識を持ち、それを解決するための手法として、クラウド会計を中心としたクラウドシステム構築支援に注力している。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2017年12月8日(金)15時00分~17時00分
申込期限 2017年12月7日(木)まで
会場
812-0011 福岡県 福岡市博多区博多駅前1-2-5 紙与博多ビル2階
参加費
定員 15名様
対象 会計事務所の方
主催 株式会社マネーフォワード
共催
後援
協賛
内容
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社マネーフォワードMFクラウドシリーズ セミナー担当
mf-event@moneyforward.co.jp